ゴルフサバイバルSeason5開幕!22年4月の陣(前半)初出場者は?メンバーとコース攻略!!

初心者女子ゴルフ

こんにちは! BS日テレ毎週金曜PM9:00から放送。

ゴルフサバイバルSeason5 4月の陣、始まりました。

さぁ、今月もどんなドラマが待っているのかワクワクしますね。

今回の解説者は今野 康晴プロ篠崎 紀夫プロです。

 

それでは、メンバーを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

4月の陣 メンバー紹介

初出場は、青山加織、北村優奈、小林夢果、佐々木理乃、鈴木海咲、中島萌絵、藤田かれん、本明夏の8名です。

Season5が始まる4月の陣では、初出場者がかなり多いです。

ベテランプロの青山選手、そしてジャンボアカデミー出身の18歳で期待のルーキー・小林選手ら、10名中8名が初参戦となります!

フレッシュな顔ぶれが揃った4月の陣、開幕です!

小楠選手は今回で3度目ですが、初出場した2020年3月の陣で優勝しています。園田選手は今回で2度目の出場となります。

今月はどんな展開になるのか?

では、早速初出場者を簡単に紹介したいと思います。

4月の陣 初出場者の紹介

  青山 加織 選手

身長154cm O型 10歳からゴルフを始める ドライバー平均飛距離240Y

得意なクラブはSW・パター 2007年プロテスト合格 師匠は岡本綾子プロ

 

  北村 優奈 選手

身長157cm O型 得意なクラブはドライバー ドライバー平均飛距離240Y

プロテスト合格を目指す

 

   小林 夢果 選手

身長167cm O型 得意なクラブはドライバー 父の影響で8歳からゴルフを始める

ドライバー平均飛距離260Y ジャンボアカデミーの門下生 2021年プロテスト合格

 

  佐々木 理乃 選手

身長163cm O型 ドライバー平均飛距離240Y  得意なクラブはパター

父の影響で3歳からゴルフを始める IMGアカデミー出身 プロテスト合格を目指す

 

 

  鈴木 海咲 選手

身長153cm A型  得意なクラブはドライバー

ドライバー平均飛距離230Y 坂田塾門下生 プロテスト合格を目指す

 

 中島 萌絵 選手

父の影響で8歳からゴルフを始める プロテスト合格を目指す

 

   藤田 かれん 選手

身長163cm A型 得意なクラブはドライバー 7歳からゴルフを始める

ドライバー平均飛距離240Y 兄は藤田翼プロ 2021年プロテスト合格

 

   本 明夏 選手

身長154cm AB型 得意なクラブは9I 10歳からゴルフを始める

ドライバー平均飛距離230Y プロテスト合格を目指す

スポンサーリンク

4月の陣の会場は?

4月の陣の会場は千葉県市原市の『南総カントリークラブです.。

2018年11月の陣でも会場となっていて、今回で2度目になります。

ちなみに、その時の優勝者は石山千晶選手でした。

 ※南総CC HPより

36ホールの丘陵林間コースです。各ホールは林や小高い丘でセパレートされています。
【東コース】は、池越えや林に包まれたホールなどで変化に富んでいます。
【西コース】は、広々としていて距離もある。
両コースともグリーンはベントワングリーンで微妙な起伏が面白さを倍加しています。

楽天GORA総合評価は 4.4 評価の高いゴルフ場です。

スポンサーリンク

第1ホール 390Y  PAR4  の攻略と結果

ホールレイアウト図 ※楽天GORAより

残り150ヤード附近から打ち下ろしのミドルホールになります。
Tショットは、右手のバンカーを避け、左の土手すそ狙いが良いです。 グリーンの手前は左側がグラスバンカー、右は大きなガードバンカー、奥はOBになるので、花道を外さず手前から攻めたいところです。
グリーンは比較的やさしいです。

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

さぁ、Season5 4月の陣、始まりましたね!!

恒例のじゃんけんで打順が決まります(打順からの勝率も)!

結果はこちら↓↓↓

そして、今回の出場者達が優勝者を予想しました!

結果は↓↓↓

1位は青山選手です。さぁ、クイーンは誰になるのか??

 

Tショットでは、小楠選手がフェアウェイから少し外れて左ラフ、それ以外の選手はフェアウェイキープでした。

藤田選手は、ナイスショットが出てとても嬉しかったようでにこにこ笑顔です。もちろん、飛距離も一番でした。

緊張のTショットは、みんな、なんとか無事に終わりました。

Tショットの結果は↓↓↓

ここで、解説者の2人の気になる選手は、佐々木選手でした。打順が1番目にも関わらすパンチのあるショットを褒めていました。

セカンドショットでは、鈴木選手は手前右バンカーへ入れてしまう。それ以外の選手は2オンしています。

特に、良かったのは藤田選手でピンそばおよそ3mの位置につけました。

セカンドショットの結果は↓↓↓

鈴木選手のバンカーショットは、ピンをオーバーしてしまいます。

ここでバーディパットを決めたのは、小林選手、北村選手、藤田選手の3人です。小林選手は、9.4mの長い距離を見事に沈めました。そして、北村選手は4.3m、ピンに一番近かった藤田選手も3mのバーディパットを決めます。

2パットでパーとなったのは、青山選手、小楠選手、中島選手、園田選手、佐々木選手、本選手です。

鈴木選手は、7.8mのパーパットを外してしまってボギーとなりました。

このホールの脱落者は鈴木海咲選手でした。

4月の陣、第1週目の放送はここまでです。

 

脱落した鈴木海咲選手の紹介

初出場者で既に簡単なプロフィールは紹介していますが、21年度プロテストでは1次予選71位Tで不合格でした。

大手前大学ゴルフ部出身でキャプテンをしていました。2学年下の後輩には安田祐香プロがいました。

現在は、オペラゴルフアカデミー(大阪府東大阪市にあるインドアゴルフ練習場)でアルバイトをしながらプロテスト合格を目指して練習に励んでいます。

初出場で緊張のせいか、良い所を見せる前に脱落となってしまいました。

次回の出場を楽しみにしています!

スポンサーリンク

第2ホール 494Y  PAR5  の攻略と結果

ホールレイアウト図  ※楽天GORAより

ドラコン賞のかかったホールです。賞品はリポビタンゼリー1年分360個です。

谷越えのロングホールになります。

Tショットの落し所が気になります。 狙いは左の杉の木狙いで、右の山はOBとなります。左の土手はセカンドショットが打ちにくくなります。

グリーンまわりは右のバンカーのみ注意が必要なので、左からの狙いが良いです。 グリーンは2段グリーンとなるため、ピンの位置によっては難しくなります。

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

4月の陣、第2週目はここから始まります。

前ホールでバーディーを獲った、小林選手、藤田選手、北村選手はスキップのため6人で戦います。

Tショットは、青山選手、本選手は右ラフへ、園田選手は左ラフへ、その他の選手はフェアウェイキープでした。

結果、ドラコン賞を獲ったのは中島萌絵選手でした!!

笑顔が最高に可愛いですね!

 

Tショットの結果は↓↓↓

 

セカンドショットでは、青山選手は左ラフ、小楠選手、佐々木選手、園田選手、本選手はフェアウェイへ、ドラコンを獲った中島選手はフェアウェイに近い左ラフへ行きましたがグリーンに一番近かった。

セカンドショットの結果は↓↓↓

3打目では、皆がグリーンに乗せてきました。

結果は↓↓↓

ここで、バーディを決めたのは、青山選手でした。2.2mのパットを見事に沈めました。

本選手は10.5mのバーディパットがわずかに外れてパーとなります。小楠選手は5.8m、佐々木選手は3.8m、中島選手は2.1m、園田選手は1.8mのバーディパットをあと少しのところで外してパーとなりました。

その結果、青山選手以外は、全員サドンデスとなります。

第3ホールのサドンデスは30Yのアプローチショットです。2段グリーンでピン手前からの下り傾斜でかなり難しいアプローチとなります。

 

じゃんけんでの打順は↓↓↓

※後で打つ選手はライン読みができないように後ろを向いて待機しています。

1番目の小楠選手は58°で上手く近づけピンの手前2.8mでした。2番目の佐々木選手も54°でさらに近づけ1.7m。

3番目の園田選手は58°でピンからオーバーして5.4mです。4番目の本選手は56°で同じく更にオーバーして6m、最後の中島選手も56°でオーバーしますが3.3mでした。

このホールの脱落者は本明夏選手でした。

 

脱落した本明夏選手の紹介

初出場者で既に簡単なプロフィールは紹介していますが、21年度プロテストでは2次予選48位Tで不合格でした。

井上透ツアープロコーチを師事しています。在学しているウエルネススポーツ大学には、21年の賞金女王になった稲見萌寧プロ(3月卒業)、吉田優里プロ、そして22年既に2勝を挙げている西郷真央プロも在学中です。

まずは、プロテスト合格を目指して練習に励んでいるので今後の活躍が楽しみな選手です。

また、ゴルサバでリベンジしてほしいです!

 

スポンサーリンク

第3ホール 365Y  PAR4  の攻略と結果

ホールレイアウト図  ※楽天GORAより

まっすぐなミドルホールです。

右のバンカーに入れないようにセンター左目狙いが良いです。 左に行き過ぎるとOBラインが浅いので注意が必要です。

グリーン手前は大きなガードバンカーがあり、グリーンは受けていて横からのラインが難しいです。

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

青山選手は前ホールバーディーのため、このホールはスキップです。

Tショットでは、左バンカーにいれたのは小楠選手、佐々木選手、北村選手でした。左バンカーを超えた所に小林選手、左バンカーよりのフェアウェイへ打ったの藤田選手です。右ラフにいったのは中島選手でした。

ここで、OBを出してしまったのは園田選手で、左の林へ転がって行ってしまいました。暫定球も左バンカーでした。

Tショットの結果は↓↓↓

セカンドショットでは、小楠選手はグリーンエッジまで進めます。北村選手のバンカーショットは少し大きめとなりグリーン左奥の傾斜へ。

藤田選手はグリーンに乗せるもピン手前6.2m。小林選手はしっかりグリーンにのせピンそば1.1mとなりました。佐々木選手はグリーン手前の花道となります。

大ピンチになったのは、中島選手でした。右ラフからのショットがすぐそばの右の木に当たってしまい落ちた所が白杭の外側でOBとなってしまいます。

中島選手の4打目は、あまり距離を出せずに右ラフでピンから66Yとなりました。同じく4打目となる園田選手もバンカーショットをグリーン手前のバンカー左のラフへと運びます。

中島選手、園田選手は共に5打目でやっとグリーンにのせますがピンまで少し距離を残します。

結果は↓↓↓

北村選手は3打目となるアプローチショットが上手くいきピンから2mの位置。続いて佐々木選手は、15Yのアプローチショットでピンそばまでつけてパーで上がります。

小楠選手は9.4mのバーディパットを惜しくも外してパーとなり、同じく藤田選手も6.2ⅿのバーディパットを外してパー。

中島選手は5.8ⅿのダブルボギーパットを残念ながら外してしまい、トリプルボギーとなりました。

園田選手は、1.9ⅿのダブルボギーパットをしっかり沈めます。北村選手は2ⅿのパーパットを外してしまいボギーとなります。

ここで、小林選手は1.1ⅿのバーディパットを決めました!

このホールの脱落者は中島萌絵選手でした。

4月の陣、第2週目の放送はここまでです。

 

脱落した中島萌絵選手の紹介

初出場者で既に簡単なプロフィールは紹介していますが、21年度プロテストでは2次予選52位Tで不合格でした。

父親がティーチングプロをされていて、ジュニア育成にも力を注いでおられます。その為、幼い頃からゴルフに親しんでいたそうです。

進路も、中高一貫校でゴルフ部がなかった為、わざわざ公立中学へ一旦転校したのちに強豪校の明秀学園日立高校へ進学するほどです。

可愛い笑顔に、ますます人気も高まる予感!

プロテスト合格を目指して現在も練習に励んでいる中島選手には、又、ゴルサバでリベンジしてほしいです!

 

スポンサーリンク

4月の陣(前半) まとめ

Season5 4月の陣が始まりました。

今季もどんなドラマが待っているのかワクワクします!

4月の陣のメンバーは、初出場者が8人とほとんどが初挑戦となる為、選手それぞれのポテンシャルが未知数で、展開がどう変わるのかいつも以上に楽しみです。

新たなシーズンが始まるという事で、メンバー構成もいつもとはちょっと違うフレッシュな感じがします!

ゴルフサバイバルは若手美女ゴルファーたちが「シュートアウト(脱落)方式」で争うゴルフマッチです。そして、注目ゴルファーが続々登場します。

プロテストを目指している選手や既にトーナメントに出て活躍している選手も交じって戦うとてもおもしろい番組です。

 

次のシンデレラは誰なのか?

 

思わぬところで脱落してしまったり、1打目やサドンデスで危ないと思っていても生き残ったりと台本のないドラマにいつもドキドキ・ワクワクして楽しんでいます。

各ホールの攻め方や選手の考えや見事なショット、更に解説者のアドバイスにもとても勉強になります。

又、ゲーム進行中の何気ない会話や普段見せない表情、そしてゴルフに向き合う気持ちも垣間見えるのもこのゴルサバの魅力!!

今後も応援したくなる選手もたくさん出ています。

さぁ、次はどんなドラマが待っているのか?

この番組を見逃した方は、『Hulu』 や『TVer』で配信されています!

4月の陣第1~2週目を前半、第3~4週目を後半と分けてコース攻略や脱落者を放送後に順次追記していきます!

後半のコース攻略や脱落者は、こちらからご覧いただけます。

今月もメンバーの紹介やコース攻略を知って、この番組をもっともっと楽しんでもらえるようお伝えしていきたいと思います(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました