ゴルフサバイバル2022年6月の陣メンバー紹介&後半コース攻略&結果

初心者女子ゴルフ

こんにちは! BS日テレ毎週金曜PM9:00から放送。

ゴルフサバイバル 6月の陣、始まります。

さぁ、今月もどんなドラマが待っているのかワクワクしますね。

6月の陣第1~2週目を前半、第3~4週目を後半と分けています。

前半のコース攻略や脱落者はこちらからご覧いただけます。

今回の解説者は青山 薫プロ服部 道子プロです。

 

それでは、メンバーを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

6月の陣 メンバー紹介

初出場は、大須賀望、木村美月、桑山紗月、櫻井心那、中川成美、中野恵里花、藤川玲奈、村上瑞希の8名です。

川合選手は今回で2度目、篠崎選手は今回で3度目となり2回の優勝経験とチャンピオン大会でも優勝していて3回の優勝経験者です。ちなみに、2018年12月の陣と2019年11月の陣で優勝、2020年Season2 チャンピオン大会で優勝しています。

もちろん、注目はサバイバル無敗の女王・篠崎選手!連勝を更に伸ばすことができるのか?と期待大です。そして、ステップアップで初優勝を飾った桑山選手も参戦し、18歳の櫻井選手と藤川選手も出場します。

今月はどんな展開になるのか?

では、早速初出場者を簡単に紹介したいと思います。

6月の陣 初出場者の紹介

  大須賀 望 選手

身長146cm A型 父親の影響で5歳からゴルフを始める ドライバー平均飛距離230Y

得意なクラブはアプローチ プロテスト合格を目指す

 

  木村 美月 選手

身長153cm AB型 得意なクラブはショートアイアン ドライバー平均飛距離250Y

父親の影響で10歳からゴルフを始める プロテスト合格を目指す

 

   桑山 紗月 選手

身長165cm O型 得意なクラブはロングアイアン 12歳からゴルフを始める

ドライバー平均飛距離240Y  2021年プロテスト15位Tで合格

 

  櫻井 心那 選手

身長166cm O型 ドライバー平均飛距離240Y  得意なクラブはドライバー

兄の影響で6歳からゴルフを始める 21年度プロテスト12位Tで合格

 

 

  中川 成美 選手  1H目敗退

身長164cm A型  得意なクラブはショートアイアン

ドライバー平均飛距離240Y  プロテスト合格を目指す

 

  中野 恵里花 選手

身長157cm O型  得意なクラブはウェッジ ドライバー平均飛距離230Y

両親の影響で8歳からゴルフを始める プロテスト合格を目指す

 

   藤川 玲奈 選手

身長159cm AB型 得意なクラブはパター ドライバー平均飛距離230Y

父親の影響で6歳からゴルフを始める プロテスト合格を目指す

 

   村上 瑞希 選手  2H目敗退

身長160cm O型 得意なクラブは58° 10歳からゴルフを始める

ドライバー平均飛距離240Y 21年プロテストは9位Tで合格

 

スポンサーリンク

6月の陣の会場は?

6月の陣の会場は茨城県東茨城郡の『城里ゴルフ俱楽部です.。

 

 ※城里GC HPより

山の中にある丘陵コースですがコース内の高低差はたった5mです。広々としたフェアウェイと、プロツアー並の高速ワングリーンで、ゴルフの面白さを満喫できます。
そして、全33部屋の宿泊施設「ホテルキャッスルヴィレッジ」を併設しており、夕食は常陸牛を使用したコースが人気です。

楽天GORA総合評価は 4.2 評価の高いゴルフ場です。

6月の陣、第3週目の放送は3Hのサドンデスからです。

放送開始すぐにあるゴルサバ出場者のランキング企画です。今回はコレ↓↓↓

ゴルサバ 出場者愛用パターブランドです!!

 

 

3Hのサドンデスは、29Yのアプローチショットです。左足下がりの傾斜からのアプローチショットで、グリーンも下り傾斜になっています。
中野選手、篠崎選手、藤川選手の3人でサドンデスです。
じゃんけんでの順番は↓↓↓
1番目の篠崎選手は52°で9m、2番目の中野選手は58°で2m、最後の藤川選手は58°で80㎝。
このホールの脱落者は篠崎愛選手でした。

脱落した篠崎愛選手の紹介

身長157cm A型 ドライバー平均飛距離250Y  得意なクラブはドライバー

父の影響で5歳からゴルフを始める 20年度プロテスト16位Tで合格

プロテストは、5度目の挑戦で悲願の合格を果たしました。

幼い頃に、おもちゃで買ってもらったゴルフクラブを庭で振り回して遊んでいたところ、父親に本当のゴルフをやってみるか?と聞かれ、やるー!と言って練習場に連れて行ってもらったのがゴルフをはじめたきっかけだそうです。

篠崎選手は、細身で小柄な体でありながら放つドライバーは飛距離250ヤードを越えるところが最大の魅力です。ゴルサバで3度の優勝、今回は記録更新にストップがかかってしまいました。

プロとして活躍するための悩みとしては、小食と体力不足だそうです。今回はパターも反省していました。

ゴルサバでも、まだまだ記録を伸ばせる期待大の篠崎選手を今後も応援しています!

スポンサーリンク

第4ホール 310Y  PAR4  の攻略と結果

ホールレイアウト図 ※楽天GORAより

フラットで距離の短いホールです。

Tショットの落下地点にチョコレートドロップとグラスバンカーが造られたので、今までより難易度が高くなっています。

Tショットはドライバーに頼って飛ばす考えではコースのマネジメントに欠けることになります。確実に刻むことが大切で、刻んでも距離はあまり残らないので距離を稼ぐ必要はありません。

グリーンは中央奥と両サイドが高く、中央が低くなっているので、パッティングの際には十分注意が必要です。

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

川合選手はスキップとなります。

Tショットでは、大須賀選手と藤川選手はドライバーを使用しました。櫻井選手と桑山選手5W、木村選手と中野選手は3Wで刻んで行きます。

ピンチになったのは、櫻井選手で右バンカーへ入れてしまいます。

Tショットの結果は↓↓↓

セカンドショットでは、櫻井選手以外の選手はグリーンに乗せてきました。藤川選手はバーディチャンスの位置です。

櫻井選手のバンカーショットは、チョコレートドロップにつかまってしまいます。3打目でピン手前まで寄せてきました。

結果は↓↓↓

バーディパットは皆決まらず、櫻井選手はしっかりパーパットを決めて、6人全員がパーで並んだため、全員でサドンデスとなりました。

4Hのサドンデスは、カラーからの23Yのアプローチです。

じゃんけんでの順番は↓↓↓

1番目の大須賀選手は58°で1.7m、2番目の藤川選手は50°でグリーンをオーバーしてしまい9m、3番目の桑山選手はパタで2.3m、4番目の中野選手もパターで2.1m、続いて木村選手もパターで70㎝、最後の櫻井選手もパターで1.4mでした。

このホールの脱落者は藤川玲奈選手でした。

 

脱落した藤川玲奈選手の紹介

初出場者で既に簡単なプロフィールは紹介していますが、2021年プロテストでは、2次予選の3日目のカットラインを87位Tで超えることができず不合格でした。

高校は、名門沖学園を卒業し、まだ18歳。現在は、私の練習場所属で室内ゴルフレッスン場でのスタッフをしながらプロテスト合格を目指し、日々練習に励んでいます。

とにかく、緊張しっぱなしで本来の実力を十分に出せずに脱落してしまったが、何と言ってもまだ18歳!! 服部プロからも、これからのレベルアップに良い経験になっていると今後の活躍に期待されていました。

これからの藤川選手の成長が楽しみです。応援しています!

スポンサーリンク

第5ホール 380Y  PAR4  の攻略と結果

ホールレイアウト図 ※楽天GORAより

ドラコン賞のかかったホールです。賞品はリポビタンゼリー1年分360個です。

セカンドショットからやや打ち上げになっています。

Tショットは、右サイドのクロスバンカーを気にしないで打ちたいが、ティインググランドの向きが多少左に片寄っているいるせいで、ボールが左方向に飛んで行きやすいので正しいアドレスを心がけることが大切です。

セカンドショットはやや打ち上げでグリーン面が見えないため、グリーンまでの距離を正確に把握して打たないとショートします。

グリーンはかなり奥行きがあり、傾斜も見た目以上にきついので、ショートパットでも気が抜けません。特に横からのパッティングは慎重に!

このホールは セカンド、またグリーン上がキーポイントとなります。

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

川合選手はイーグルスキップのため5人で戦います。

Tショットは、大須賀選手が右ラフへ、その他の選手はフェアウェイキープでした。

結果、ドラコン賞を獲ったのは櫻井心那選手でした!!

Tショットの結果は↓↓↓

セカンドショットでは、大須賀選手はピン手前のバーディチャンスの位置でした。櫻井選手もピン手前の良い位置に乗せます。中野選手、桑山選手、木村選手もピンから距離はあるがグリーンに乗せました。

結果は↓↓↓

ここで、バーディパットを決めたのは、大須賀選手でした。それ以外の選手はパーとなり、サドンデスになります。

5Hのサドンデスは1.3mのショートパットです。

じゃんけんでの順番は↓↓↓

1番目の桑山選手は✕、2番目の木村選手は〇、3番目の中野選手は〇、最後の櫻井選手は✕となりました。

続いて2回目で桑山選手は〇、櫻井選手は〇でした。

3回目、桑山選手は〇、櫻井選手は✕でした。

このホールの脱落者は櫻井心那選手でした。

6月の陣、第3週目の放送はここまでです。

脱落した櫻井心那選手の紹介

初出場者で既に簡単なプロフィールは紹介していますが、2021年プロテストは12位Tで見事合格しています。

2021年「九州女子選手権」で優勝。同年11月プロテスト合格し、「目標は賞金女王。日本女子オープンで優勝したい」と公言しています。

今回、サドンデスのパター対決で涙を見せたが、その後のステップ・アップ・ツアー『ECCレディスゴルフトーナメント』大会(最終日6/3)が行われ、櫻井選手はプロ入り初優勝を果たしました!

両親は「穏やかな心を持ってほしい」と願い心那(ここな)と命名したそうです。今回の優勝で「まだJLPGAツアーへ出場できても、戦える自信がない。強い選手になるために、今年はしっかりとステップで勉強していく。」と静かなる闘志が伝わってくる。

ますます目が離せない櫻井選手、応援しています!

 

スポンサーリンク

第6ホール 361Y  PAR4  の攻略

ホールレイアウト図 ※楽天GORAより

やや打ち上げになっています。Tショットは、クロスバンカーを避けて、フェアウェイ右側は広くなっているので狙い目です。

やや打ち上げている分、セカンドショットではグリーン面がみえにくくなります。グリーン手前両サイドにバンカーがあることを考慮し、残り距離を的確に判断してクラブを選択することがポイントです。

グリーンは手前と奥が高く真ん中が低い。それだけにきつい傾斜ではあるが、ショートパットはまわりの大きな傾斜に惑わされないように注意したいところです。

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

6月の陣、最終週はここから始まります。

大須賀選手はバーディスキップとなります。

このホールの脱落者は中野恵里花選手でした。

スポンサーリンク

第7ホール 391Y  PAR4  の攻略

ホールレイアウト図 ※楽天GORAより

打ち下ろしでやや右ドッグレッグになっています。右サイドが完全にOBとなっているので、距離が多少残ってもTショットは左サイド狙いが良いです。

セカンドショットでは、グリーン手前が低くなっているため、グリーンが実際より近くに見えるので注意して距離をしっかり把握していきたい。

グリーンは左奥が高く手前が低くなっています。しかもかなりの傾斜があり、手前から奥にかけて順目になっています。パッティングの距離を長く残した場合は3パットに気をつけたい。

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

大須賀選手はバーディパットを決めました。

このホールの脱落者は川合杏奈選手でした。

スポンサーリンク

第8ホール 178Y  PAR3  の攻略

ホールレイアウト図  ※楽天GORAより

ホールインワン賞のかかったホールです。賞品はスバルレガシィアウトバックです。

非常に難易度の高い、池越えで距離の長いホールです。

「池を意識しない」・「肩、グリップの力を抜く」・「結果を早くみようとしない」この3点を頭に入れて、無理せず少し大きめのクラブで楽に打つことに集中したい。

グリーン手前の両サイドのバンカーに入れてしまうと、寄せが難しくなるので方向性にも気をつけたいところです。

グリーンは奥行きがあり、その上4ヶ所にマウンドがある全体的にきつい傾斜が多いです。特に横のパッティングには注意が必要です。グリーンに乗っても攻略が難しい。

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

大須賀選手はバーディスキップとなります。

ホールインワン賞はいませんでした!!

このホールの脱落者は木村美月選手でした。

スポンサーリンク

第9ホール 455Y  PAR5  の攻略

ホールレイアウト図  ※楽天GORAより

いよいよ、最終ホールになりました。

最終ホールで同スコアの場合は、プレーオフ形式で優勝者を決定します。

優勝者には、賞金100万円と賞品サトウのごはん1年分です。

距離の長いまっすぐなホールです。飛距離に自信のある人は途中にあるクロスバンカーを気にせず、豪快なティショットで2オンを狙っていけます。3オンを狙う場合は、クロスバンカーに入れないように残り距離と方向性を重視したい。

グリーンは大きく、馬の背になっているのでピンをデッドに狙い、ロングパットを残さないように注意が必要。

このホールは正確にグリーンを狙うショットが要求される。

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

6月の陣、優勝者は 大須賀 望 選手でした!!
おめでとうございます♪

 

スポンサーリンク

6月の陣(後半) まとめ

6月の陣が始まって、アッと言う間に最終週となりました!!

今回もどんなドラマで終わるのかワクワクします!

6月の陣のメンバーは、初出場者が8人と、4月の陣から年齢層の若年化と新しい顔ぶれが多く、展開が読みづらいのでいつも以上に楽しみになります。

ついに、ゴルサバ史上初のホールインワンも出ました!!

6月の陣は、篠崎選手の連覇なるか?と思っていましたが第3週目の放送で脱落。

若い実力者が優勝をもぎ取るのか?

ゴルフサバイバルは若手美女ゴルファーたちが「シュートアウト(脱落)方式」で争うゴルフマッチです。そして、注目ゴルファーが続々登場します。

プロテストを目指している選手や既にトーナメントに出て活躍している選手も交じって戦うとてもおもしろい番組です。

 

次のシンデレラは誰なのか?

 

思わぬところで脱落してしまったり、1打目やサドンデスで危ないと思っていても生き残ったりと台本のないドラマにいつもドキドキ・ワクワクして楽しんでいます。

各ホールの攻め方や選手の考えや見事なショット、更に解説者のアドバイスにもとても勉強になります。

又、ゲーム進行中の何気ない会話や普段見せない表情、そしてゴルフに向き合う気持ちも垣間見えるのもこのゴルサバの魅力!!

今後も応援したくなる選手もたくさん出ています。

さぁ、次はどんなドラマが待っているのか?

この番組を見逃した方は、『Hulu』 や『TVer』で配信されています!

6月の陣第1~2週目を前半、第3~4週目を後半と分けてコース攻略や脱落者を放送後に順次追記していきます!

来月もメンバーの紹介やコース攻略を知って、この番組をもっともっと楽しんでもらえるようお伝えしていきたいと思います(*^^*)

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました