ゴルフサバイバル2022年7月の陣初出場者は?メンバー&前半コース攻略

初心者女子ゴルフ

こんにちは! BS日テレ毎週金曜PM9:00から放送。

ゴルフサバイバル 7月の陣、始まりました。

さぁ、今月もどんなドラマが待っているのかワクワクしますね。

今回の解説者は 今井克宗プロ と 井上信プロす。

       

それでは、メンバーを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

7月の陣 メンバー紹介

 

初出場は、森はな選手、植竹愛海選手の2名です。

7月の陣は、これまで出演した経験者が大勢いて、初出場はたったの2名、優勝経験者も出場します。

注目は、現在ツアーで活躍中の姉を持つ妹2人が参戦しています!

7月の陣での最多出場は、今回で4度目となる長田若菜選手、江澤亜弥選手。3度目となるのは小滝美水音選手、原田玲奈選手、セキ・ユウリ選手、優勝経験者の大城美南海選手です。

2回目は新宮帆乃美選手と関野愛美選手になります。

今月はどんな展開になるのか?

では、早速初出場者を簡単に紹介したいと思います。

7月の陣 初出場者の紹介

 

  森 はな 選手

身長164cm O型 7歳からゴルフを始める ドライバー平均飛距離230Y

得意なクラブはパター プロテスト合格を目指す

 

  植竹 愛海 選手

身長157cm A型 得意なクラブはドライバー ドライバー平均飛距離250Y

父親の影響で6歳からゴルフを始める プロテスト合格を目指す

 

 

スポンサーリンク

7月の陣の会場は?

茨城県茨城郡城里町にある『サザンヤードカントリークラブ』です。

2021年、8月の陣でも会場となっていて、今回で2度目になります。

ちなみに、その時の優勝者は皆吉愛寿香選手でした。

自然の地形と樹木を充分に生かした林間コース。アップダウンは少ないがフェアウェイは巧みに池とバンカーが配置されていて戦略性のあるコースになっています。

Tショットの狙いどころがスコアメークの鍵になり、グリーンは広くて乗せやすいがアンジュレーションがあって距離感をつかむのが難しいです。

全体的に距離があり、バンカーも91カ所あります。

OUT・INコースの18ホールで 1グリーンのベントです。

楽天GORA総合評価は 4.3評価の高いゴルフ場です。

2022年7月の陣では、INコースで戦います。

 

恒例のじゃんけんで打順が決まります(打順からの勝率も)!

結果はこちら↓↓↓

そして、今回の出場者達が優勝者を予想しました!

結果は↓↓↓

1位は、小滝選手でした。さぁ、クイーンは誰になるのか??

 

スポンサーリンク

 第1ホール 376Y  PAR4  の攻略と結果

ホールレイアウト図 ※楽天GORAより

右ドッグレッグのミドルホールです。Tショットは正面奥のバンカー狙いが良いです。

セカンドショットは右のバンカーに注意して左から攻めたいところ。スライスは禁物です。

グリーンは奥から早くなる難所なホールです。

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

Tショットでは、フェアウェイキープしたのは植竹選手、小滝選手、大城選手、セキ選手、新宮選手、長田選手でした。右ラフへ行ったのは、森選手、原田選手、関野選手、江澤選手です。

Tショットの結果は↓↓↓

セカンドショットでは、小滝選手がピンそばへつけるナイスショットがありました。関野選手はピンを少し超えた位置。グリーンを少しオーバーしてしまったのは、セキ選手。グリーンに乗せるも左奥の位置で少し距離があるのは新宮選手と大城選手でした。

グリーン手前の24Yの位置に原田選手、あと少しでグリーンに乗るところだった江澤選手。長田選手、植竹選手、森選手はグリーンの右側の位置でした。

セカンドショットの結果は↓↓↓

原田選手のアプローチショットはピンそばへ寄せ、パーで上がります。江澤選手も2パットでパーとなります。

セキ選手のアプローチショットも1.1ⅿの所まで寄せます。大城選手のバーディパットはカップギリギリのところで止まってしまいパーとなります。

バーディチャンスの小滝選手は、しっかりカップに沈めてバーディを獲ります!ここで更にバーディパットを決めたのは関野選手でした!

江澤選手のバーディパットはショートして少し距離が残ります。新宮選手、植竹選手、長田選手、森選手も上手く寄せますが2パットでパーとなります。

セキ選手のパーパットはカップをわずかに外れ、更に70㎝のボギーパットも外れダボとなりました。

このホールの脱落者はセキ・ユウリ選手でした。

7月の陣、第1週目の放送はここまでとなります。

脱落したセキ・ユウリ選手の紹介

身長161cm 血液型はA 得意なクラブはウェッジ 父の影響で5歳からゴルフをはじめる

2021年は、中国ツアー賞金ランキングで6位 20年度プロテストは1次予選49位Tで不合格でした

ツアーで活躍している姉のセキ・ユウティンプロの妹の出場という事で注目されていました。中国ツアーでの活躍もありますが、日本ではビジュアルでもひときわ人気の高い美人姉妹ゴルファーです。

お姉様のユウティンプロとは4つ違いの同じ誕生日と言うとっても仲良し姉妹です。お姉様の後を追いかけ日本でもプロ資格取得に向けて練習に励んでいます。

日本生まれの中国育ち、神奈川県で生まれますがその後父親の転勤で10歳まで中国にいました。高校は桐蔭高校に2年生まで在学、勉強とゴルフの両立を考え高3にはクラーク記念国際高校へ転校。既にプロになることを意識されていました。

これからの、セキ選手の活躍が楽しみです!

7月の陣、第2週目の放送はここからになります

放送開始すぐにあるゴルサバ出場者のランキング企画です。今回はコレ↓↓↓

ゴルサバ 出場者愛用ドライバーブランドです!!

 

1番人気はやっぱりキャロウェイ

スポンサーリンク

第2ホール 154Y  PAR3  の攻略と結果

ホールレイアウト図  ※楽天GORAより

ホールインワン賞のかかったホールです。賞品はスバルレガシィアウトバックです。

グリーン回りには5つのガードバンカーがあり、特に左手前のバンカーには要注意です。

距離感さえ合わせればワンオンバーディーのチャンスホールになります。

 

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

前ホールでバーディを獲った小滝選手と関野選手はスキップのため、7人で戦います。

Tショットでグリーンに乗せたのは、大城選手と原田選手と江澤選手でした。グリーンの右は、森選手と植竹選手と新宮選手です。グリーンをオーバーしたのは長田選手でした。

結果、ホールインワン賞はいませんでした!!

結果は↓↓↓

新宮選手のアプローチショットは、少し距離が残ります。森選手は56°で寄せに行きますが1.9ⅿ。植竹選手も58°で1.7ⅿでした。

ここで、長田選手が58°でチップインバーディーを獲りました!

バーディパットでは、江澤選手、大城選手、原田選手は決めきれずパーとなります。

森選手のパーパットは、わずかに外れてボギーとなります。

植竹選手と新宮選手は共にパーパットを決めます。

このホールの脱落者は森はな選手でした。

脱落した森はな選手の紹介

初出場者で既に簡単なプロフィールは紹介していますが、2021年プロテストでは、2次予選57位Tで不合格でした。

日大ゴルフ部出身という肩書を持っています。部員も常に100名以上で、そこで大会に出場するには相当の実力がないと選出されません。そんな厳しい環境の中で、そんなことを微塵にも感じさせない森選手の笑顔がとっても印象的でした。

とにかく、いつも笑顔でとても好感が持てます。えくぼも可愛くて個人的にはファンになってしまいました。

まだまだ、可能性を残した森選手の次回のサバイバル出場を期待しています!!

スポンサーリンク

 第3ホール 526Y  PAR5  の攻略と結果

ホールレイアウト図 ※楽天GORAより

 

距離のあるロングホールです。Tショットは樫の木の右狙いが良いです。

セカンドショットは左右にOBがあるので注意したいところです。

サードショットはやや打ち上げでグリーンは大きく横長です。砲台グリーンになっているため、ピンの位置により距離感には注意したいところです。

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

長田選手が前ホールバーディーのため、スキップとなり7人で戦います。

Tショットでは、フェアウェイの右側に集中します。一番飛距離が出たのは植竹選手、続いて関野選手と小滝選手と原田選手。危うくバンカーかと思ったがラフにとどまった江澤選手。右バンカーまでも距離が出なかったのは新宮選手でした。

フェアウェイ左側へは大城選手となりました。

Tショットの結果は↓↓↓

セカンドショットは、上手く刻んでフェアウェイキープしたのは新宮選手と原田選手、少し右に出たのは江澤選手。距離は出たが右ラフとなったのは小滝選手と関野選手で、植竹選手はフェアウェイでの良い位置となりました。

大城選手は左の木に当たったがよくフェアウェイに出てくれました。ただ距離は出せませんでした。

セカンドショットの結果は↓↓↓

残り197Yとなる大城選手は、サードショットでグリーン左横のバンカー付近まで飛ばします。江澤選手はグリーン手前の位置です。

原田選手は、グリーンに乗らず左手前の位置となりました。

新宮選手は、見事なショットでバーディチャンスの位置につけました。続いて小滝選手と関野選手もバーディを狙える手前の位置です。

植竹選手はピンをオーバーしてしまいます。

結果は↓↓↓

アプローチショットでは、残り24Yの距離の江澤選手はピンをオーバーしてしまいます。18Yの原田選手は寄せきれず、15Yの大城選手は上手く寄せました。

そして、植竹選手が7.8ⅿのバーディパットを見事に決めました!!

小滝選手は6.7ⅿのバーディパットがあと少し届かずパーとなります。関野選手も5.8ⅿのバーディパットがほんの少し左に外れてパー。新宮選手も1.5ⅿのバーディパットがわずかに外れてパーとなります。

江澤選手、新宮選手、大城選手はパーパットを決めますが、原田選手はパーパットを外してボギーとなりました。

このホールの脱落者は原田怜奈選手でした。

7月の陣、第2週目の放送はここまでです。

脱落した原田玲奈選手の紹介

身長173cm B型 得意なクラブはパター ドライバー平均飛距離230Y

父親の勧めで14歳からゴルフを始める 2021年プロテストでは、1次予選71位Tで不合格でした。

とにかくモデル並みのべっぴんさんです!ゴルフ番組にもよく出演されていて人気も高いです。14歳からゴルフを始めて高校は名門香川西高校、その後名古屋商科大学へ進学されています。

スイングを綺麗に改造して、今回はどこまで残れるのか楽しみでしたが思っていた以上に早く脱落してしまって残念です。

まだまだ、頑張りつづける原田選手を応援しています!

 

スポンサーリンク

7月の陣(前半) まとめ

7月の陣がいよいよ始まりました!!

今回もどんなドラマが待っているのかワクワクします!

7月の陣のメンバーは、4月から初出場者が多数いた傾向から少し変わり、たったの2人となっています。

そして、何と言ってもツアーで活躍しているゴルサバではお馴染みの植竹希望プロとセキ・ユウティンプロの妹達が参戦します。

又、優勝経験者の大城美南海選手や出場回数も4回目となる長田若菜選手や江澤亜弥選手など、これまでに親しみのある顔ぶれでとても楽しみです。

 

ゴルフサバイバルは若手美女ゴルファーたちが「シュートアウト(脱落)方式」で争うゴルフマッチです。そして、注目ゴルファーが続々登場します。

プロテストを目指している選手や既にトーナメントに出て活躍している選手も交じって戦うとてもおもしろい番組です。

 

次のシンデレラは誰なのか?

 

思わぬところで脱落してしまったり、1打目やサドンデスで危ないと思っていても生き残ったりと台本のないドラマにいつもドキドキ・ワクワクして楽しんでいます。

各ホールの攻め方や選手の考えや見事なショット、更に解説者のアドバイスにもとても勉強になります。

又、ゲーム進行中の何気ない会話や普段見せない表情、そしてゴルフに向き合う気持ちも垣間見えるのもこのゴルサバの魅力!!

今後も応援したくなる選手もたくさん出ています。

さぁ、次はどんなドラマが待っているのか?

この番組を見逃した方は、『Hulu』 や『TVer』で配信されています!

7月の陣第1~2週目を前半、第3~4週目を後半と分けてコース攻略や脱落者を放送後に順次追記していきます!

後半のコース攻略や脱落者は、こちらからご覧いただけます。

今月もメンバーの紹介やコース攻略を知って、この番組をもっともっと楽しんでもらえるようお伝えしていきたいと思います(*^^*)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました