ゴルフサバイバル2022年8月の陣初出場者は?メンバー紹介とコース攻略

初心者女子ゴルフ

こんにちは! BS日テレ毎週金曜PM9:00から放送。

ゴルフサバイバル 8月の陣、始まりました。

さぁ、今月もどんなドラマが待っているのかワクワクしますね。

今回の解説者は 桑原克典プロ と 中井学プロす。

       

それでは、メンバーを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

8月の陣 メンバー紹介

 

初出場は、桒原愛果選手、鈴木陽菜選手、政田夢乃選手、宮城夕夏乃選手の4名です。

8月の陣は、2005年生まれの16歳が初出場、そしてベテラン選手が混じって優勝を争います!

8月の陣での最多出場は、今回で4度目となる石山千晶選手と丹萌乃選手。石山選手は初出場だった2018年11月の陣で優勝しています。

3度目となるのは中井美有選手、常文恵選手、小野星奈選手、鈴木絢賀選手です。

顔なじみの選手もたくさんいるので楽しみですね!

では、早速初出場者を簡単に紹介したいと思います。

8月の陣 初出場者の紹介

 

  鈴木 陽菜 選手

身長164cm B型 2005年生まれの16歳 ドライバー平均飛距離220Y

得意なクラブはパター プロテスト合格を目指す

 

  政田 夢乃 選手

身長154cm A型 得意なクラブは9I ドライバー平均飛距離235Y

父親の影響で6歳からゴルフを始める プロテスト合格を目指す

 

  宮城 夕夏乃 選手

身長156cm  ドライバー平均飛距離230Y

新垣比菜とは親友 プロテスト合格を目指す

 

 桒原 愛果 選手

身長156cm  得意なクラブはアイアン ドライバー平均飛距離210Y

プロテスト合格を目指す

 

 

スポンサーリンク

8月の陣の会場は?

8月の陣の会場は静岡県の『藤枝ゴルフ俱楽部』です。

ゴルサバでは今回で4度目の会場になります!!ちなみに、2019年8月の陣では西コース使用、2021年2月の陣では東コース、2022年1月の陣では北コースを使用しています。

※ゴルフダイジェストさんより画像お借りしています

丘陵コースです。かつての海岸段丘の上に造られたコースで、ゆるやかなうねりの中に27ホールが展開しています。自然の造形を巧みに生かしたコースレイアウトとフェアウェイのアンジュレーションが、飽きることなくゴルファーを楽しませてくれます。
北、西、東と特徴を分ける3つのコースはホールごとに見てみるとアップダウンはあまり感じさせず、むしろスターティングホールのOBに気をつけたい。またTショットで谷越えなどのバラエティがあり、心理的に重圧のかかるような個性を持ったホールが多いのが特徴です。
ちなみに8月の陣は東コースになります。

楽天GORA総合評価は 3.6まずまずの評価のゴルフ場です。

恒例のじゃんけんで打順が決まります!

結果はこちら↓↓↓

そして、今回の出場者達が優勝者を予想しました!

結果は↓↓↓

1位は、丹選手と石山選手で最多出場者です。さぁ、クイーンは誰になるのか??

 

スポンサーリンク

 第1ホール 481Y  PAR5  の攻略と結果

ホールレイアウト図 ※楽天GORAより

距離があり、フェアウェイ全体が左に傾斜しているストレートなロングホールです。

Tショットは、フェアウェイ右サイドが狙い目です。左はNGで、浅いOBラインが待ち受けています。しかし右に逃げ過ぎると、強烈なつま先上がりのラフからのセカンドを強いられ、セカンドショットを左OBラインへ誘導してくるので注意したい。

確実にフェアウェイを捕えていきたいが、フェアウェイのアンジュレーションにも注意が必要です。右に左にミスを誘発させてくるライを見極めないと、パーオンは望めません。

サード地点からグリーンまではやや打ち上げており、距離感を狂わせられやすいです。グリーンはやや砲台になっています。

 

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

Tショットは、右ラフへ行ってしまったのは石山選手・鈴木絢選手・宮城選手でした。それ以外の選手は狭いフェアウェイをしっかりとらえています。丹選手はフェアウェイの右サイドでセカンドショットはピンの位置が見えない状況です。

Tショットの結果は↓↓↓

Tショットを終えて、解説者の2人の感想は、桑原プロはTショットの立ち位置でほとんどの選手が左寄り立っていると指摘。左を警戒しているのはわかるが、右の斜面に突き刺さってセカンドショットが難しくなる。自分なら右に寄ってストレートに打つと言っていました。中井プロは石山選手を推していました。

セカンドショットでは、桒原選手がフェアウェイの左へ、小野選手が右ラフの斜面へ。政田選手はグリーン手前の右側へ、常選手はグリーン手前、丹選手はグリーンをオーバーしてしまいます。

その他の選手は、フェアウェイキープでした。

セカンドショットの結果は↓↓↓

サードショットでは、宮城選手と石山選手はグリーンに乗せることができませんでした。その他の選手はしっかりグリーンに乗せてきます。中でも常選手はピンそばのバーディチャンスの位置でした。

石山選手と宮城選手も4打目でしっかりピンに寄せてきます。鈴木絢選手のバーディパットはあとわずかなところで届かず、パーとなります。

常選手はバーディパットをきっちり沈めました。

常選手がバーディ、その他の選手はパーとなり9人でサドンデスとなります。

1Hのサドンデスは33Yのアプローチショットです。

じゃんけんの結果、順番は↓↓↓

1番目の政田選手は58°で打ちますが、高く上がった球はグリーンにも届かずミスショットとなり、ピン手前の14.5mとなります。続いて宮城選手はPWで低めに打ちますが、これもグリーンには届かず11m。

ここから、グリーンに乗せなくても政田選手より距離が出れば勝ち抜けるため、ベテラン選手は要領よく14.5mを超える距離に置きに行きます。

ただ一人、丹選手は見事なアプローチで2.1mでした。

1番目 政田選手 14.5m  2番目 宮城選手  11m  3番目 鈴木絢選手  9.8m

4番目 丹選手    2.1m  5番目 小野選手  7.1m   6番目 桒原選手   12.5m

7番目 石山選手    8m  8番目 中井選手  8.3m 10番目 鈴木陽選手  8.4m

結果、このホールの脱落者は政田夢乃選手でした。

 

脱落した政田夢乃選手の紹介

初出場者で既に簡単なプロフィールは紹介していますが、北海道出身で、古江彩佳プロ、西村優菜プロらと同じプラチナ世代の一人。

2021年プロテストは1次予選を右手首痛で棄権しています。前年20年は2次予選まで進み、50位Tで不合格でした。

小学校1年生の時点で「プロゴルファーになる!」と父親と約束したそうです!

高校1年生で既にプロトーナメントに出場し、2年生では「全国」のタイトルを手にした政田夢乃選手。3年生の時には中嶋常幸プロが主宰するヒルズゴルフトミーアカデミーの3期生に選考され、高校卒業後はトミーアカデミーで畑岡奈紗選手らととも腕を磨いてきました。

そこで、畑岡奈紗プロのゴルフに取り組む姿を見て感動し、すべてをゴルフに捧げている畑岡プロのように練習して、トッププロになりたいと真剣にゴルフに向き合うようになったそうです。

本当の実力を発揮できないまま、脱落してしまいましたが将来有望な選手の1人です。可愛い笑顔の政田選手のこれからの活躍が楽しみです!!

スポンサーリンク

第2ホール 316Y  PAR4  の攻略

ホールレイアウト図   ※楽天GORAより

左にドッグレッグする打ち上げのミドルホールです。

Tショットは左OBに気を付け、フェアウェイ右サイドの目標樹方向を狙っていきたい。ロングヒッターならば、フェアウェイバンカーを越えた目標樹左上がベストです。いずれにしても、フェアウェイ右サイドがベストポジションとなります。

セカンドショットはいずれのグリーンも打ち上げで砲台グリーンとなります。コースレイアウトとライに方向性を惑わされないよう注意して、いずれのグリーンもピン手前に付けたいところです。

 

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

スポンサーリンク

第3ホール 155Y  PAR3  の攻略

ホールレイアウト図  ※楽天GORAより

谷越えのショートホールです。

谷筋からの風と、上空の風とで違う場合があるので、風をよく読み、ヘッドアップに注意して振り抜きたいところです。

なお、グリーンはやや砲台となっているため、キャリーで運びたいです。ガードバンカーがあるが、難易度低めなので入れてしまっても、ボギー以内の希望は十分にあります。

 

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

 

スポンサーリンク

第4ホール 365Y  PAR4  の攻略

ホールレイアウト図  ※楽天GORAより

谷越え、打ち降ろし、右ドッグレッグのホールです。東コースでもっとも印象深いと言われる名物ミドルホールとなります。

ティーイングエリアに立つと、右方向、眼下に広がる谷が左へのミスを誘います。Tショットはプレッシャーをいなして、フェアウェイセンターに見えるマンホール方向を狙い目です。レギュラーティーからだとちょうど200ヤードの距離になります。

左は浅く、180ヤード程の飛距離でも突き抜ける恐れがあるため、200ヤードを超える距離を打つ場合、右に見える大きなクスノキの上をドローで抜くか、コースなりのフェードボールでフェアウェイを捕えるテクニックが欲しいとことです。

Tショットでフェアウェイを捕えることができれば、ライはほぼ平坦。
グリーンは打ち上げの砲台なので、距離感が大事です。ピンは手前から攻めたい。

ゴルフ場写真

※ティーイングエリアからの画像(楽天GORAより)

 

スポンサーリンク

8月の陣(前半) まとめ

8月の陣がいよいよ始まりました!!

今回もどんなドラマが待っているのかワクワクしますね!

8月の陣のメンバーは、初出場者となる4名の若手選手達や、これまでの顔なじみのベテラン選手達の戦いです。

何と言っても16歳のゴルサバ史上最年少の将来有望な選手の出場で8月の陣の面白さが増しています。

又、優勝経験者の石山選手もいます。

 

ゴルフサバイバルは若手美女ゴルファーたちが「シュートアウト(脱落)方式」で争うゴルフマッチです。そして、注目ゴルファーが続々登場します。

プロテストを目指している選手や既にトーナメントに出て活躍している選手も交じって戦うとてもおもしろい番組です。

 

次のシンデレラは誰なのか?

 

思わぬところで脱落してしまったり、1打目やサドンデスで危ないと思っていても生き残ったりと台本のないドラマにいつもドキドキ・ワクワクして楽しんでいます。

各ホールの攻め方や選手の考えや見事なショット、更に解説者のアドバイスにもとても勉強になります。

又、ゲーム進行中の何気ない会話や普段見せない表情、そしてゴルフに向き合う気持ちも垣間見えるのもこのゴルサバの魅力!!

今後も応援したくなる選手もたくさん出ています。

さぁ、次はどんなドラマが待っているのか?

この番組を見逃した方は、『Hulu』 や『TVer』で配信されています!

8月の陣第1~2週目を前半、第3~4週目を後半と分けてコース攻略や脱落者を放送後に順次追記していきます!

今月もメンバーの紹介やコース攻略を知って、この番組をもっともっと楽しんでもらえるようお伝えしていきたいと思います(*^^*)

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました